治療目的で日本に渡航か マニラ国際空港でチャーター機炎上

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 フィリピンのマニラ国際空港で29日夜、羽田行きの小型チャーター機が滑走路で炎上し、搭乗していた8人全員が死亡した。警察や民間航空局によると、地元のチャーター機運営会社が運航。滑走中に何らかの技術的なトラブルがあり、離陸に失敗して出火したとみられる。

 乗っていたのは医師や看護師、乗員のフィリピン人6人のほか、患者のカナダ人と付き添いの米国人各1人。フィリピンでは、新型コロナウイルスの感染拡大…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集