メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア、リビア、イエメンの紛争地帯、流行すれば死者多数の恐れ 新型コロナ

新型コロナウイルス感染防止のため、街頭に消毒薬をまく人々=シリア北部カミシュリで24日、AP

 新型コロナウイルスの影響が世界に広がる中、内戦が長期化するシリア、リビア、イエメンの3カ国での感染拡大が危惧されている。家を追われた避難民はキャンプなどで密集生活を余儀なくされている上、医療体制がすでに危機的状態にあるからだ。紛争地帯でウイルスが広がればさらに多くの死者が出る恐れがあり、国連は「全世界での即時停戦」(グテレス事務総長)を呼びかけているが、対立の炎は弱まらないままだ。【カイロ真野森作】

 2011年以来、内戦が続くシリア。在英民間組織のシリア人権観測所によると、反体制派が最後の拠点とする北西部イドリブ県の高速道路沿いに設定された緩衝地帯では3月上旬から停戦がほぼ守られているものの、それ以外の地域では戦火は収まっていない。アサド政権軍は28日、同県西部に砲撃を行い、同県南部では両者の交戦もあった。

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです