メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

獲物も夢も「一生かかっても追い求める覚悟」 イヌワシ狩りを披露した鷹匠の涙

イヌワシを左腕に乗せ、狩りを実演する松原英俊さん(左)=天童市で2020年3月29日、的野暁撮影

 イヌワシやクマタカなどを使って狩りをする鷹匠(たかじょう)の松原英俊さん(69)=山形県天童市田麦野=が29日、同市の交流施設「ぽんぽこ」で雄のイヌワシ「崑崙(こんろん)」による狩りの実演を披露した。参加者48人はワシが翼を広げるたびに歓声をあげた。

 松原さんは出身の青森市で幼少期から鳥などの動物に親しみ、大学卒業後に鷹匠を目指して真室川町の鷹匠、沓沢朝…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. コロナは政治を変えたのか 中北教授が読む与党の「慢心」と野党に欠ける「帆」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです