メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

耕作放棄地に和牛を放牧 エサ代浮いて鳥獣被害防止にも

雑草を次々と食べる放牧牛=県農林総合技術センター畜産技術部提供

 耕作放棄地に和牛を放牧して草を食べさせ、鳥獣被害防止などにもつなげる「山口型放牧」の効率化に向け、山口県は来年度から全地球測位システム(GPS)とスマートフォンを組み合わせた新システム構築の研究を始める。新技術の導入で、近年減少傾向が見える取り組みの復権を目指す。

 山口型放牧は、ソーラーパネルで作り出した電気を流す電線で耕作放棄地を囲む電気柵を設置し、その中に妊娠中のメス和牛を放牧する県内発祥の放牧方法。電気柵に触れるとしびれるため、牛は柵内にとどまり雑草をどんどん食べる。その結果、イノシシなどの隠れ家となる草むらがなくなって集落や田畑に近づきにくくなるほか、農村景観の保全、牛の飼料代抑制などの効果もある。

 1985年ごろ、長門市油谷の棚田地区で始めた水田放牧が原型で、その後に手軽に設置できる電気柵の導入で放牧面積は急拡大。ピーク時の2015年度には県内で372ヘクタールにまで拡大したが、近年、縮小傾向も見られ、18年度の放牧面積は320ヘクタールだった。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです