志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 人気お笑いグループ「ザ・ドリフターズ」のメンバーとして活躍し、「変なおじさん」などの人気キャラクターや「アイーン」などのギャグで知られるコメディアンの志村けん(しむら・けん、本名・志村康徳=しむら・やすのり)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルス肺炎のため亡くなった。70歳。葬儀は近親者のみで営む。

 志村さんは3月17日から倦怠(けんたい)感などの症状があったため自宅で療養。発熱や呼吸困難などの症状が出たため、20日に入院し、23日に新型コロナウイルスの感染が判明した。まもなく撮影が始まる予定だった、初主演映画「キネマの神様」(山田洋次監督)の出演も辞退していた。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文886文字)

あわせて読みたい

注目の特集