特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

地元・東村山が愛した志村けんさん 市民が選び聖火ランナーに 新型コロナで死去

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
気さくにポーズに応じながらも「本当は照れるんだよね」と話した志村けんさん=東京都千代田区で2010年4月27日、尾籠章裕撮影
気さくにポーズに応じながらも「本当は照れるんだよね」と話した志村けんさん=東京都千代田区で2010年4月27日、尾籠章裕撮影

  志村けんさんは、地元やゆかりの地域でも愛され続けてきた。

「だいじょぶだァー饅頭」名物に

 「東村山音頭」で全国に名前が広がった東京都東村山市では、志村さんが7月に市内を走る東京オリンピック・パラリンピックの聖火ランナーに決まっていた。2019年夏、市がランナーにふさわしい人を市民にアンケートしたところ上位に入り、東京都に「志村さんが適任だ」と伝え、起用が決まったという。

 ギャグにちなんだ「だいじょぶだァー饅頭(まんじゅう)」を販売する市内の和菓子店「餅萬」の深井駿社長(37)は「突然のことで気持ちの整理がつかない」と話した。父親が小学校の同級生で交流があり、深井さんが子どものころに志村さんが自宅を訪ねてきたこともあるという。「テレビでは明るい人柄だが、直接お会いした印象は、非常に落ち着いた方だった」…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文816文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集