メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

新型コロナウイルスの感染者が多数確認されている東京都台東区の永寿総合病院=2020年3月30日午前9時48分、本社ヘリから

 新型コロナウイルスの感染が拡大している東京都では、永寿総合病院(台東区東上野)の入院患者やスタッフの感染者数増加が問題になっている。29日までに確認された感染者数は100人近くに上る。事実上、都内で最大規模の「クラスター(感染者集団)」と化しており、都は「全容が見えてからの判断だが、院内感染で拡大した可能性が濃厚ではある」と危機感を募らせる。

 都の発表によると、同病院での感染者数は24日までは4人だったが、25日に新たに11人の感染を確認。その後、26日に10人▽27日15人▽28日29人▽29日27人――の感染が明らかになった。このうち2人は死亡が確認されている。

 また30日、都保健医療公社が、荏原病院(大田区東雪谷)で週1回勤務している30代男性医師が感染したと発表。男性は永寿総合病院に常勤で勤務しており、24日に発熱などの症状が出た。荏原病院は、それまでの2週間に男性医師と接触した職員6人と患者12人に症状はなく自宅待機などを求めていると説明。院内での感染拡大はないとして、通常の診療を続けている。慶応大病院(新宿区信濃町)でも、永寿総合病院から転院した患者1人と、同じ部屋にいた患者3人の感染が分かっている。

 永寿総合病院で、入院患者やスタッフらに対して25~29日に行われた感染の有無を調べるPCR検査は計523件。スタッフは派遣職員らも含めると750~800人おり、入院患者を含めた最終的な検査件数は1000人規模になる見込みという。

 同病院は内科、産婦人科、外科などを備える区内で最も大きい中核病院。病床数は400あり、24時間体制で救急患者を受け入れている2次救急医療機関に指定されている。しかし、24日からは外来診療を中止している。台東保健所には「外来で受診したが、感染していないか心配だ」という声などが1日100件程度寄せられているという。

 また、スタッフからも感染者が出ているほか、検査の結果が出ていなくても体調の悪いスタッフは自宅待機していることから、保健所の担…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです