環境税、最大目的「森の整備」使用は35%止まり 都市では「消費」 74市区調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍政権が創設した森林環境税について、全国の道府県庁所在市と政令市、東京23区(計74自治体)の2019年度の使途を調べたところ、最大の目的である「森林整備」に使われるのは、税収配分の見通し額の35%にとどまることがわかった。大都市は管理する森林が少なく、国産材を利用した公共事業に充てるケースが多い。森の荒廃防止を掲げて納税者1人につき年1000円を徴収する新税のひずみが早くも浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1187文字)

あわせて読みたい

注目の特集