メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「カラオケ、ライブハウス、バー、ナイトクラブ控えて」小池都知事 集団感染の恐れ

 東京都内で新型コロナウイルスの感染者が拡大していることを受け、小池百合子都知事は30日、都民に要請している「夜間の外出自粛」を強化する方針を明らかにした。若者や中高年が「夜の街」に出て感染拡大につながっている現状があることから、接待を伴う飲食店などに行くことを自粛するよう求めた。

 都によると、都内では同日、新たに13人の感染が確認された。検査結果が判明した検体の数が少なく、ここ数日よりも、感染者数が大きく減ったという。累計で96人の感染者が出ている「永寿総合病院」(台東区)の関係者はいなかった。

 都内の感染者は25日に40人台に入り、29日は1日の感染者数としては最多の68人だった。小池知事は30日に厚生労働省の「クラスター(感染者集団)対策班」の専門家と協議し、同日夜の記者会見で「接客を伴う飲食業での感染が疑われる事例が多発しているとの報告があった」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです