特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

公演自粛「適切な損失補てんを」 ケラリーノさんら舞台関係者、国に要請

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
要請後に会見する呼びかけ人のメンバー=東京都港区で、濱田元子撮影
要請後に会見する呼びかけ人のメンバー=東京都港区で、濱田元子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府の要請を受けて公演自粛が広がっていることについて舞台芸術関係者らが30日、内閣府と文化庁に対し、適切な損失補てんを求める要請書を提出した。

 呼びかけ人となったのは劇作家・演出家・音楽家のケラリーノ・サンドロヴィッチさんや、劇作家・演出家の中津留章仁さん、同じく瀬戸山美咲さんら。衣装や照明を含め10日間で約1800人から賛同を得た。要請書と共に、賛同人から寄せられた実例も提出した。

 要請書では「舞台芸術による表現が失われることは、国民にとっても大きな損失」と指摘。自粛要請によって多くの舞台芸術関係者が多大な経済的損失をこうむっており、「経済的に力の弱い小規模な劇団・楽団をはじめとして、団としての存立そのものが危うくなりつつあるところもある」としている。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文659文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集