メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

首相官邸に入る安倍晋三首相=2020年3月30日午前9時58分、川田雅浩撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、安倍晋三首相は30日夕に国会内で開かれた自民党役員会で「4月1日に緊急事態宣言を出すという話が出回っているが、あれはフェイクニュースだ」と述べた。「戒厳令(を敷く)みたいな話もあるけど、日本の法律には規定されてないから無理だ」とも話した。出席者が明かした。菅義偉官房長官も30日の記者会見で1日の宣言発令について「そうした事実はない。明確に否定する。手続きに入った事実もない」と強調した。

 27日ごろから、政官界やインターネット上で「3月中に宣言すると株価に影響するので、4月1日に宣言が出され、2日からロックダウン(都市封鎖)が行われる」との臆測が出回っており、政府高官は「悪意のある偽情報だ」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです