メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目!布マスク 「手芸に不慣れな私でも作れます」 厚労省は手入れを動画公開

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品薄状態が解消されない中、布マスクが注目されている。政府は全世帯に布マスクを2枚ずつ配布する方針を打ち出したが、手作りで確保する人も多い。大手手芸用品店ではガーゼなどの材料が例年の数十倍のペースで売れている。縫わずに作れる方法もあり、手芸に不慣れな人も挑戦できそうだ。

 大手手芸用品店「ユザワヤ」(東京都)は毎年、インフルエンザや花粉症シーズンの2~4月、手作りマスクの材料を集めたコーナーを全国65店舗に設けている。しかし、今年は特にガーゼやゴムひもの売り上げが急増し、1月末以降で例年の数十倍に達したという。専用のゴムひもは入荷してもすぐに完売してしまうため、代わりに伸縮性のあるひもの利用も提案している。

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです