県人事異動 総数1398人 土砂、水災害対策監を新設 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は30日、総数1398人の人事異動(4月1日付)を発表した。建設残土の県内搬入を規制する県の土砂条例(4月施行)の運用を担当する「土砂対策監」(課長級)を設置する。近年猛威を振るう自然災害からの復旧工事などを指揮する「水災害対策監」(同)も新設した。

 異動規模は例年よりやや多く、女性管理職は1人増えて計78人(11・0%)となった。課長級以上の退職者は98人(前年度比18人増)。

 東海環状自動車道の全線開通や、リニア中央新幹線の品川―名古屋間開業などを見据え、広域経済連携に注力する雇用経済部長に経済産業省からの派遣職員を充てる予定。

この記事は有料記事です。

残り2601文字(全文2872文字)

あわせて読みたい

注目の特集