メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国策の町

玄海原発との半世紀 私は甘かった /佐賀

町長室で取材に応じる脇山氏

 「もう今は2期目のことは考えられん。とにかく、この1期目が、まだ2年以上あるし」。九州電力玄海原発が立地する玄海町の脇山伸太郎町長(63)は、町長室で椅子から立ち上がると早口で答えた。

 福井県敦賀市の建設会社から現金100万円を受領した問題を巡り、町議会で追及された直後だった。この3月12日の一般質問では、自身の進退を後援会に委ねたことも批判された。だが脇山は自嘲気味に続けた。「その先のことは、もう皆さんが決めらすことやけん」

 脇山は町役場近くで育ち、福岡大を卒業後、父親の跡を追うように電機屋から町議になった。2期目途中の2007年10月には当時町長だった岸本英雄(66)から、主宰する「11日会」のゲストに呼ばれる関係になった。岸本の2期目、3期目のいずれの出馬表明も、脇山が議会で出馬の意思を問い、お膳立てをした。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです