メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発は来なかった

串間の今/4止 種火 使用済み核燃料どこへ /宮崎

原発候補地と言われた地区の近くに、風力発電所が整備中だ=本社ヘリから上入来尚撮影

 串間市の隣・旧南郷町(現日南市)に、使用済み核燃料中間貯蔵施設の誘致の話が浮上したのは、2004年3月。町が、町議会に九州電力へ立地可能性調査を要請する方針を説明した。当時、町議で反対した坂元啓一さん(64)は「当時、隣の串間で原発の話があったので、『その流れで来たのか』と強い驚きはなかった」と振り返る。

 中間貯蔵施設は原発から出る使用済みウランなどを再処理し、再び燃料として使う「核燃料サイクル」の要で、使用済み核燃料を保管する施設。同町は調査の開始年度から年間1億4000万円が交付されると、説明したという。当時、同町は市町村合併に参加しない方針で、“自立”に向け安定した財源の確保の狙いがあるとみられていたが、結局、調査を断念した。

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1167文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです