メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

地下鉄サリン25年 化学テロ対策、手探り

生物・化学物質を想定した訓練でサリン入りのペットボトルを撤去する警視庁の専門部隊=東京都大田区のキヤノン本社で2016年、斎川瞳撮影

 化学兵器を使った世界初の無差別テロとされるオウム真理教による地下鉄サリン事件から今月で25年が過ぎた。事件は、救助の難しさなど関係機関に化学テロ対策の見直しを迫る契機ともなった。世界から大勢の人が集まる東京オリンピック・パラリンピックを控え、化学テロ対策の現状を探った。【金森崇之、南茂芽育】

 東京五輪・パラリンピック開催中に、もし国立競技場などでサリンが散布されたら被害者を助けられるのだろうか。厚生労働省の委託を受けた日本中毒情報センター(茨城県つくば市)が2018年度に調査した数字がある。

 サリンなど猛毒を吸った場合、有機リン系中毒に有効な「アトロピン」や「パム」といった解毒剤による処置がすぐに必要となる。センターが東京都内の屋外大型競技会場で750人の患者(重症70人、中等症340人、軽症340人)が発生するというサリン散布シナリオでシミュレーションしたところ、被害者を競技会場から10キロ圏内の災害拠点病院29カ所に搬送しても、各病院の解毒剤の保有量では初期投与分もまかなえなかっ…

この記事は有料記事です。

残り2376文字(全文2825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです