メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

志村けんさん急死 コント一筋、志半ば お茶の間沸かす

 ■評伝

 「ザ・ドリフターズ」のメンバーとして国民的な人気者となり、1人で活動するようになった後も「変なおじさん」など多くの人気キャラクターやギャグを生み出した志村けんさん。老若男女に愛された国民的コメディアンは、練り上げた笑いを追求した。

 原点は、ドリフが出演していた公開バラエティー番組「8時だョ!全員集合」。メンバーが木曜に翌週分のコントのネタを出し合い、金曜に翌日のコントの稽古(けいこ)、土曜にリハーサルや本番に臨むスタイルで多くの時間と労力を割き、コントを入念に作り込んだ。志村さんはリーダーのいかりや長介さんから、そんな笑いの作り方を徹底的にたたき込まれた。

 1974年に正式メンバーになると、切れのある動きと豊かな表現力で、従来のドリフにはなかった新しい笑いを提供。瞬く間に頭角を現した。「東村山音頭」「ヒゲダンス」などは、まねをする子供たちが急増し、社会現象にもなった。

この記事は有料記事です。

残り2421文字(全文2815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです