メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重度障害の舩後議員が国会の在り方に一石 新型コロナ「命の危険」と歳費問題

参院文教科学委員会で代読者(手前)のサポートで初の質問をする「れいわ新選組」の舩後靖彦氏(手前から2人目)=国会内で2019年11月7日、川田雅浩撮影

 新型コロナウイルス感染を避けるため、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の重度障害者の舩後靖彦参院議員=れいわ新選組=が3月、本会議や委員会を数日間、欠席した。新型コロナウイルスは感染すると、持病がある人は重篤化しやすいとされている。舩後氏は人工呼吸器を装着しており、「呼吸系に影響が出る感染症にかかると命に関わる」という。その後、「負託に応えるため」登院することを表明したが、この数日間の欠席は大きな議論を巻き起こした。国会議員が感染リスクを回避するための欠席は許されるのか。欠席期間の歳費はどうすべきか。【野原大輔、小山由宇、浜中慎哉】

この記事は有料記事です。

残り2910文字(全文3177文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  3. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです