メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

西村康稔経済再生相=東京都千代田区で、森有正撮影

 西村康稔経済再生担当相は31日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って政府が近日中に「緊急事態宣言」を出す、とのインターネット上の臆測を巡り「私が親しい記者に漏らしたとの記述が(ネット上に)あるが、一切そのような発言は行っていない」と否定。「警察に相談している。今後も続けば対応を考える」と述べ、法的措置を含めて検討する考え…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです