ゼンリンとNTTが資本業務提携 自動運転向け地図データベース開発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 地図大手のゼンリン(北九州市)とNTTは3月26日、資本業務提携することで合意したと発表した。ゼンリンの地図製作技術と、NTTのデータ分析や通信技術を合わせ、自動運転などに必要なデジタル事業で開発を加速させる。

 NTTは、ゼンリンが4月に実施する第三者割り当てを約46億円で引き受け、発行済み株式の…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

あわせて読みたい

注目の特集