メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

移動制限 違反者急増のマニラ 若者5人、犬用おりに拘束 新型コロナ

フィリピンのドゥテルテ大統領=滝川大貴撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込むため、フィリピンやマレーシアで外出や移動の制限が始まってから約2週間が過ぎた。この間に感染者は急増したが、市民の間にはすでに「隔離疲れ」が出始め、経済活動が長期間停止することへの不安も高まっている。不要不急の目的以外で外出したとして、治安当局に拘束される人が増え、過酷な措置には人権侵害との批判も出ている。

 感染者が2626人(3月30日時点)と東南アジア諸国連合(ASEAN)で最多のマレーシアでは、18日から外出を食料品の買い出しなど必要最小限とする「活動制限令」が出ている。国内ではモスク(イスラム教礼拝所)で大規模な集団感染が発生したり、1日の感染者数が連日100人を超えたりと危機感は強い。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです