メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車「幼児座席」年長組もOK 「6歳未満」→「小学校入学まで」 大分県、道交法規則改正

4月1日から道路交通法に基づく県の規則が変わり、園児は6歳になっても幼児座席に乗せることが可能に=大分市で、河慧琳撮影

 自転車に乗せられる子供の年齢について、これまで「6歳未満」としてきた規定を、大分県は4月1日から「小学校に入学するまで」と改める。幼稚園や保育園の年長クラスの子供たちの間では、6歳の誕生日を迎えるタイミングで、親が子供を自転車の座席に乗せられない事態になっており、保護者に混乱が生じていたからだ。年齢で制限するのではなく、実情に合わせた規則改正で、県警によると、全国で初めての試みという。【河慧琳】

 共働きが多い時代に、保護者が子供を自転車に乗せて幼稚園や保育園に通園するのは、おなじみの風景だ。だが、これまでの道路交通法の規則(施行細則)に基づく県の規則では、乗せられる子供の年齢を「6歳未満」としていた。違反した場合には、2万円以下の罰金を科すとする罰則規定も設けていた。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです