おかえりヒマワリ 妊活終えたセイウチ、伊勢シーパラダイスで元気に「闘魂注入」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
長旅の疲れも見せず、スタッフに得意技の「闘魂注入」をするヒマワリ=三重県伊勢市二見町江の伊勢シーパラダイスで2020年3月25日、小沢由紀撮影
長旅の疲れも見せず、スタッフに得意技の「闘魂注入」をするヒマワリ=三重県伊勢市二見町江の伊勢シーパラダイスで2020年3月25日、小沢由紀撮影

 「妊活」のため出張していた伊勢シーパラダイス(三重県伊勢市二見町)の人気者、雌のセイウチのヒマワリ(19歳、体重680キロ)が同館に戻り、元気な姿を見せている。妊娠の有無は今年の秋ごろに判明する見通し。妊娠していて経過が順調なら、2021年夏ごろに赤ちゃんが生まれる。田村龍太副館長は「妊娠の可能性は五分五分。経過をしっかり観察して、元気な赤ちゃんの誕生へつなげたい」と期待を寄せている。【小沢由紀】

 ヒマワリは2月14日から南知多ビーチランド(愛知県美浜町)のキック(セイウチ・22歳、体重1トン)の下に嫁ぎ、3月25日に帰ってきた。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文763文字)

あわせて読みたい

注目の特集