富士山噴火 数時間後には首都圏で停電や断水 政府が降灰被害予想を公表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
富士山=静岡県上空で、本社ヘリから
富士山=静岡県上空で、本社ヘリから

 政府の中央防災会議の作業部会は31日、富士山で大規模な噴火が発生した場合、首都圏を中心に降灰で鉄道や電力などライフラインを中心にどのような影響が出るかシミュレーションした結果を公表した。風向きなどによっては数時間で東京都や神奈川県など首都圏の広範囲で鉄道の運休や停電、断水が発生し、都市機能がまひして社会的な混乱が起こる。除去する必要がある火山灰は、最大で東日本大震災の災害廃棄物量の約10倍に相当する約4.9億立方メートルに及ぶとみられ、政府は処理方法の検討に着手する。

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1127文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集