三重・鳥羽水族館で「水中入社式」 アオウミガメやハリセンボンなど約3000匹が見守る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 三重県鳥羽市の鳥羽水族館で31日、「水中入社式」があった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新入社員の親族7人と先着の一般入館者31人の観覧者に限定し、規模を縮小して開かれた。

 同水族館の新入社員は7人。そのうち潜水士の資格を持った4人が代表して水中入社式に臨んだ。スーツ姿に初心者マークを…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文372文字)

あわせて読みたい

注目の特集