メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナで経営危機 ライブハウスなどに助成を ネット署名に30万筆超

 新型コロナウイルスの影響で経営危機に陥っているライブハウスの運営者らが、感染拡大防止のため営業停止する文化施設に対する国の助成を求めてインターネット上の署名活動を行ったところ、30万筆超が集まった。発起人らは31日、ネット配信で会見を行い「事業者が安心して店を閉められるような状況を作る必要がある」と訴えた。

 活動の主体となったのはライブハウス運営者らの有志グループ「Save Our Space」。新型コロナウイルス感染症の拡大が収束したと政府が発表するまで、営業停止するライブハウスやナイトクラブ、劇場などの文化施設に対し、維持費用やイベント中止による実損額などを交付してほしいと求めている。3月27日夜からネット上で署名の呼びかけを始めると、31日午後1時までに当初目標の10万筆を大きく超える30万2…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです