メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「クールビズ」期間設定やめる 各自治体や企業判断で 環境省

国連に提出する日本の温室効果ガス排出削減目標について説明する小泉進次郎環境相=環境省で2020年3月30日午後4時5分、鈴木理之撮影

 小泉進次郎環境相は、軽装や重ね着などで冷暖房の過度な使用を控える「クールビズ」「ウォームビズ」について、2021年度から実施期間を設定しないことを明らかにした。地球温暖化による気温上昇が進み、従来の期間設定はなじまなくなったため、としている。今後も実施の呼びかけは継続するが、実施期間は各自治体や企業などの判断に任せる。

 環境省は二酸化炭素(CO2)排出削減を促進するため、毎年5~9月に「クールビズ」、11月~翌年3月は「ウォームビズ」の実施を推奨してきた。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです