特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

重症者優先へ 「オーバーシュート」前に危機感 新型コロナ、ベッド不足現実味

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小池都知事が軽症者らの一時滞在施設として活用の可能性に言及した東京五輪・パラリンピックの選手村=東京都中央区で2020年3月24日午後5時18分、本社ヘリから北山夏帆撮影
小池都知事が軽症者らの一時滞在施設として活用の可能性に言及した東京五輪・パラリンピックの選手村=東京都中央区で2020年3月24日午後5時18分、本社ヘリから北山夏帆撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、感染者が爆発的に増える「オーバーシュート」への危機感が大都市部を中心に高まっている。現状は検査で陽性なら軽症や無症状でも入院対象となっており、ベッド不足が現実味を帯びる。感染者が突出して多い東京都や大阪府は、重症者を優先する治療を念頭に病床確保など医療体制の構築を急いでいる。

この記事は有料記事です。

残り2278文字(全文2433文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集