映画監督の佐々部清さん死去 62歳 「チルソクの夏」「半落ち」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
映画「八重子のハミング」の監督、脚本、プロデューサーを務めた佐々部清さん=シナリオ執筆の合間に2017年4月16日午後5時18分、信永真知子撮影
映画「八重子のハミング」の監督、脚本、プロデューサーを務めた佐々部清さん=シナリオ執筆の合間に2017年4月16日午後5時18分、信永真知子撮影

 「チルソクの夏」「半落ち」など数々の秀作を生んだ山口県下関市出身の映画監督、佐々部清(ささべ・きよし)さんの死亡が31日、確認された。62歳。葬儀は未定。

 横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)を卒業後、2002年に「陽(ひ)はまた昇る」で監督デビュー。認知症の妻を殺した元警察官を描写し、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した「半落ち」をはじめ、認知症の妻を介護する夫の12年間を実話…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

あわせて読みたい

ニュース特集