メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

改正健康増進法による喫煙規制

 罰則付きの受動喫煙対策を盛り込んだ改正健康増進法が1日、全面施行された。飲食店や職場などは原則屋内禁煙とし、事業者には対策を義務付けた。だが、煙の漏れない喫煙専用室内なら喫煙を認めているほか、取り締まりを行う人手不足から罰則の適用が難しいなど課題もある。

 「できればやりたくないのが本音」。東京都東部の繁華街・錦糸町でそば店を営む墨田区食品衛生協会の河西紀道会長は、改正法よりさらに厳しい都受動喫煙防止条例に不満を漏らす。

 都条例は、今夏開幕予定だった東京オリンピック・パラリンピックを見据え、改正法と同じ4月から全面施行され、従業員を雇う飲食店は原則禁煙とする。規制対象は改正法が飲食店全体の45%にとどまるのに対し、都条例は都内飲食店の84%(約13万軒)。昨年9月に一部施行され、禁煙か、喫煙できる場所があるかが分かるステッカーの掲示などが義務化された。

この記事は有料記事です。

残り1458文字(全文1839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです