特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京オリンピック延期 「空中戦」で決まった夏開催 スポーツ界の存在感示せず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪延期について語るJOCの山下泰裕会長。選手時代にはモスクワ五輪ボイコットの悔しさを味わったが、スポーツ界の存在感を示すことはできなかった=東京都新宿区で2020年3月25日午前10時59分、梅村直承撮影
東京五輪延期について語るJOCの山下泰裕会長。選手時代にはモスクワ五輪ボイコットの悔しさを味わったが、スポーツ界の存在感を示すことはできなかった=東京都新宿区で2020年3月25日午前10時59分、梅村直承撮影

 オリンピック延期の一連の協議で日本オリンピック委員会(JOC)など国内スポーツ界は存在感を示せなかった。史上初めて五輪の開催延期が決まった3月24日が象徴的だった。

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長との電話協議に臨むため、首相公邸で机を囲んだのは安倍晋三首相、元首相の森喜朗・大会組織委員会会長、東京都の小池百合子知事、橋本聖子五輪担当相、菅義偉官房長官ら。都と共にIOCと東京五輪の開催都市契約を結んだ当事者のはずのJOCのトップ、山下泰裕会長は節目に立ち会えなかった。山下会長は翌25日、「協議の内容は組織委の事務局から連絡が来る前にテレビで知った」とつぶやいた。

 延期が決まると、組織委内部やトライアスロン、馬術など一部の国際競技団体(IF)から東京の夏の猛暑を懸念して春の開催を求める意見が上がった。アスリートファースト(選手第一)で考えれば、暑すぎずにプレーしやすい春は理想的だ。延期で日程が一度白紙になり、季節を変えるには千載一遇の好機だった。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文1066文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集