メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

東京五輪の延期に伴い、職員を激励するため都庁のオリンピック・パラリンピック準備局を訪問する小池百合子都知事(手前)=東京都新宿区で2020年3月25日午後3時18分、北山夏帆撮影

 世界規模で広がる新型コロナウイルスの影響で、東京オリンピック・パラリンピックの開催が1年延期された。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が「あらゆる選択肢が交渉のテーブルにある」と発言したことで、酷暑を懸念した国際競技団体(IF)などから「春開催」を望む声も上がったが、本格的には検討されなかった。「春開催」の可能性はなぜ消えたのか。

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1239文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  3. 視聴室 十三人の刺客

  4. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  5. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです