「活動休止」「自宅待機」「取材自粛」次々と 開幕へ調整難しいプロ野球 新型コロナ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自主練習後にテレビ会議システムを使って取材を受けるDeNAの伊藤光=神奈川県内で2020年3月31日午後2時47分、細谷拓海撮影
自主練習後にテレビ会議システムを使って取材を受けるDeNAの伊藤光=神奈川県内で2020年3月31日午後2時47分、細谷拓海撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、プロ野球ではチームの活動休止や選手の自宅待機、報道陣への取材自粛要請などの措置が相次いでいる。日本野球機構(NPB)と12球団は4月24日開幕を目指しているが、事態の沈静化が見通せない中、選手らは十分な調整期間が取れていない。

 3選手が感染した阪神は4月1日までとしていた活動休止期間を「当面の間」に延長した。活動再開…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

あわせて読みたい

ニュース特集