メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『暗い林を抜けて』『谷根千のイロハ』ほか

◆『暗い林を抜けて』黒川創・著(新潮社/税別1900円)

 黒川創は京都生まれの作家で、評論の分野では『鶴見俊輔伝』で大佛次郎賞を受賞。『暗い林を抜けて』は最新の長編小説。いくつもの視点や時間が折り重なる複雑な構造で成り立っている。

 主人公は通信社の記者・有馬章。若い頃、結婚に失敗し、2人目の妻との間に男児が生まれた。大腸がんの手術をし、再発を恐れながら「『戦争』の輪郭線」という長期特集記事に取り組む。これが最後の仕事になりそうだ。

 有馬が関わった女性たちの人生、奈良の老画家のシベリア体験、あるいは湯川秀樹の日記に現れる「原爆」の記述。そして東日本大震災。「現代」の諸相とそこに生きる人間たちの群像劇が、有馬を扇の要にして叙述されていく。

この記事は有料記事です。

残り1477文字(全文1798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです