メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『本当の武士道とは何か』菅野覚明・著

◆『本当の武士道とは何か 日本人の理想と倫理』菅野覚明・著(PHP新書/税別900円)

 口舌の徒は信用できない、という感覚をかつての武人は持っていた。織田信長は若手をまず実戦に投入した。卓越した知力を有していても、襲ってくる敵に対処できなければものの役には立たない。将来を嘱望された万見仙千代(森蘭丸の前任者)は、無名の戦いで死んだ。反対に、初陣で首級をあげた蒲生氏郷は娘を与えられた。

 時代がくだり西郷隆盛は、外交にも経済にも通じた大隈重信を評価しなかった。幕末の血なまぐさい争いに参加しない、エリートだったから。逆に、どう見ても能吏型ではない山縣有朋は重んじた。死線をくぐり抜けた、叩(たた)き上げだったから。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  2. 伯和の新人・高正則が貴重な追加点 “未知の世界だった”仕事と両立でドーム目指す

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  5. 「デジタル教科書」配備へ 全国最大7割の小中学校に 文科省、21年度実証事業

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです