メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収

県立公文書館きょう開館 歴史的重要書2300冊保管 漫画文化発信の拠点にも /高知

旧県立図書館を改修した県立公文書館=郡悠介撮影

 県立公文書館(高知市丸ノ内1)が1日、開館する。公文書を専門的に扱う県内で初めての施設で、都道府県の中で39番目の設置。旧県立図書館の建物を再利用し、歴史的に重要な県の公文書約2300冊を閲覧できる。また、高知の漫画文化を発信する拠点や子ども向けの図書館なども入る。いずれも入館無料。【郡悠介】

 高知では県庁地下などで公文書を保管してきたが、1990年代から県議会で公文書館の必要性が議論された。2011年に公文書管理法が施行され、国は地方自治体に公文書の適正な管理を求めた。

 県は17年に基本計画を策定し、18年から約8億円を掛けて旧県立図書館を改修。完成した建物は3階建てで総延べ床面積は4466平方メートル。公文書館は1~3階に入居し、3170平方メートルを占める。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです