メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本明川の鳥たち

種類の多さは自然の豊かさ 日本野鳥の会県支部・寺島さんに聞く /長崎

ゴイサギ

 カワセミやアオサギ、カンムリカイツブリ――。諫早市を流れる本明川では、1年を通じてさまざまな野鳥に出合える。2019年5月から紹介したのは38種類で、他にも30種類ほどが生息しているとされる。日本野鳥の会県支部の寺島正彦さん(65)に話を聞くと、「野鳥の種類の多さは自然の豊かさを示すバロメーター」と語る。【足立旬子】

 本明川で出合う野鳥は、種類によって生活環境が決まっている。エナガは森林や丘陵。ヒバリやセグロセキレイ、ホオジロは草地や水辺、田園。メジロやヒヨドリは緑のある市街地や公園などだ。寺島さんは「連載で、これだけたくさんの鳥たちがすめる環境が本明川とその周辺にあるんだと改めて感じた」という。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 北九州市長の「第2波の渦中」発言に菅氏「感染経路追えている」 官房長官会見詳報

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  5. 新型コロナ 10万円再給付、国民が対策案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです