メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

新型コロナと向き合う

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内の休校やイベント自粛だけではなく、世界各国が人の往来を制限したり、経済が急激に冷え込んだりするなど、地球規模の混乱が広がっている。ウイルスを恐れるあまり感染者への中傷も起きている。事態の収束が見えぬ中、混乱の背景を読み解き、このウイルスとの向き合い方を考える。

 新型コロナウイルスの致死率は、大規模発生地域を除けば2%に満たず、感染者の8割は軽症で済んでいる。重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)よりもはるかに低い。にもかかわらず、各国で買い占め騒動のみならず、隔離政策や渡航禁止措置が実施され、グローバルなパニック状況にある。構造的な原因は、この間、家庭や雇用のみならず、国家を含めた個人に安心と安全を提供すべき存在が衰退し、人々が…

この記事は有料記事です。

残り4178文字(全文4529文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  5. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです