メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

新型コロナと向き合う

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内の休校やイベント自粛だけではなく、世界各国が人の往来を制限したり、経済が急激に冷え込んだりするなど、地球規模の混乱が広がっている。ウイルスを恐れるあまり感染者への中傷も起きている。事態の収束が見えぬ中、混乱の背景を読み解き、このウイルスとの向き合い方を考える。

 新型コロナウイルスの致死率は、大規模発生地域を除けば2%に満たず、感染者の8割は軽症で済んでいる。重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)よりもはるかに低い。にもかかわらず、各国で買い占め騒動のみならず、隔離政策や渡航禁止措置が実施され、グローバルなパニック状況にある。構造的な原因は、この間、家庭や雇用のみならず、国家を含めた個人に安心と安全を提供すべき存在が衰退し、人々が…

この記事は有料記事です。

残り4178文字(全文4529文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです