メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップ登場

セイコーエプソン 小川恭範社長 不可欠なブランド目標

セイコーエプソン 小川恭範(おがわ・やすのり)社長(57)

 プリンターとプロジェクターを主力商品とするセイコーエプソンの社長に4月1日付で就いた。同社のトップ交代は12年ぶり。今でこそプレゼンテーションや会議に欠かせないプロジェクターの開発に長く携わってきたが、その道のりは平らではなかった。

 1989年に家庭用を発売し、94年にはビジネス用に参入したが、当時はプロジェクターそのものが一般的でなく、鳴かず飛ばずだった。100人以上だった開発メンバーも6人まで削られ、事業撤退寸前に。しかし…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです