国家安全保障局「経済班」発足 5G、サイバー攻撃、海洋資源争奪…新型コロナ対策も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国家安全保障局の組織と経済班の主な業務
国家安全保障局の組織と経済班の主な業務

 政府は1日、外交・安全保障政策の取りまとめ役である国家安全保障局(NSS)に、経済に関する課題を専門的に扱う「経済班」を新設した。経済安全保障を重視する観点から、先端技術の管理やサイバーセキュリティーなど経済分野の案件を扱う。ただ、新型コロナウイルス感染症の水際対策も担ったことで負担は増大している。

 「安全保障と経済を横断する領域で、さまざまな課題が顕在化している。経済活動分野における国家安全保障上の課題について、俯瞰(ふかん)的、戦略的な政策の企画立案と総合調整を迅速、適切に行う」。菅義偉官房長官は1日の記者会見で、経済班設置の意義を強調した。経済班は経済産業省出身の審議官の下、財務省▽総務省▽警察庁――などの出身者約20人で構成する。もともと自民党などは米国の経済安全保障を含めた経済政策…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文901文字)

あわせて読みたい

注目の特集