特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

首相「緊急事態宣言を出す状況ではない」 参院決算委で、新型コロナ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院決算委員会でマスクを着用して答弁する安倍晋三首相。奥は席の間隔を空けて座る閣僚ら=国会内で2020年4月1日午後2時31分、竹内幹撮影
参院決算委員会でマスクを着用して答弁する安倍晋三首相。奥は席の間隔を空けて座る閣僚ら=国会内で2020年4月1日午後2時31分、竹内幹撮影

 安倍晋三首相は1日の参院決算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令するかどうかについて「今この時点で宣言を出す状況ではない」と述べた。緊急経済対策については「来週とりまとめる」とした。

 首相は緊急事態宣言について「私権を制限する側面は持つが、総理大臣や国が強大な権限を持つということではない」と説明した。仮に宣言する場合でも、改正特措法に基づき行政が取り得る強制措置は限られるとし「フランスがやっているようなロックダウン(都市封鎖)ができるかと言えば、できない」との認識を示した。

 改正特措法の付帯決議には緊急事態宣言について国会に事前報告することが盛り込まれている。しかし、首相はこの日の答弁で「宣言を出すというのは相当厳しい状況で、スピード感も必要だということも理解いただきたい」と述べ、事前報告が難しい状況もあり得るとした。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文786文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集