メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新たに49カ国・地域からの入国拒否 帰国邦人一斉帰国で「検疫態勢がパンク」懸念も 新型コロナ

安倍晋三首相=国会内で2020年3月30日、川田雅浩撮影

 政府は1日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、3日午前0時から入国拒否の対象に新たに米国、英国、中国、韓国など49カ国・地域を加える水際対策を決定した。帰国する邦人についてはPCR検査(遺伝子検査)を実施する。

 安倍晋三首相は会合で「欧米諸国を中心に感染者の爆発的拡大がみられ、水際対策のさらなる強化を講じる」と述べた。入国拒否の対象は49カ国・地域に過去14日間に滞在した外国人。政府は3日から今月末までの間、帰国する日本人と入国拒…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです