メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米の死者数「24万人に及ぶ恐れ」 トランプ氏「全国民が心構えを」 新型コロナ

新型コロナウイルスについて語るトランプ米大統領=ワシントンで2020年3月27日、AP

[PR]

 新型コロナウイルス感染による米国内の死者が3月31日に3800人を超え、発生源である中国の公式発表死者数を上回った。米ホワイトハウスは同日の記者会見で、拡大予防のための「行動自粛措置」を維持した場合でも、国内の死者数が「10万~24万人」に及ぶ可能性があると発表した。国立衛生研究所で新型ウイルス対策を率いるファウチ博士は「この数字を受け入れるわけではないが、可能性に備えなくてはならない」と警告した。

 トランプ大統領は、これまでウイルスの脅威について「通常のインフルエンザの方が重い」などと主張してきたが、この日の会見では「すべての国民に心構えをしてほしい。これから2週間は非常に厳しい日々になる」と述べ徹底対応を呼びかけた。

 米政府新型ウイルス対策チームのバークス調整官は会見で「地域社会による感染低減目標」としてグラフを提示。外出制限などの対応を一切取らなかった場合、死者数は「150万~220万人」、対策を取った場合でも「10万~24万人」が死亡すると説明した。死亡事例は「6月上旬」まで続くとしている。

 トランプ氏は、全国民を対象に実施している外出・集会自粛などの行動制限を早期に解除、4月12日のイースター(キリスト教の復活祭)までに国内の経済・社会活動を正常の状態に回復させたいとの考えを示していたが、先週末に専門家チームから死者数の試算モデルを提示され方針を転換した。

 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、31日夜時点で米国内の感染者数は18万6265人、死者数は3810人。同日の死者数は780人超で1日の数として最多を更新した。

 一方、米紙サンフランシスコ・クロニクルは同日、空母「セオドア・ルーズベルト」でウイルス感染者が100人を超え、艦長が緊急支援を求める書簡を軍幹部に送ったと報じた。空母は1週間前から米領グアムに停泊中だが、感染者を含め乗員約4000人の大半が下船を許されず感染が急拡大。艦長は「限られた空間で十分な隔離措置は取れない」と訴えている。トランプ氏は会見で「判断は軍に任せる」と語った。【ワシントン高本耕太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  2. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです