メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国務長官、イラン制裁緩和を示唆 医薬品など輸入停滞 新型コロナ

マイク・ポンペオ米国務長官=藤井太郎撮影

 ポンペオ米国務長官は3月31日、新型コロナウイルスの感染が全世界で急拡大していることを念頭に、イランなどに科している経済制裁を見直す可能性を示唆した。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、イランの感染者数は4万7000人を超えている。米国からの制裁の影響で外国産医薬品の流通不足も指摘されている。

 ポンペオ氏は国務省での記者会見で、国連などから言及されている制裁緩和の検討…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです