メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ政権、自動車排ガス規制を緩和 全米ルール化は不透明

トランプ氏=AP

 トランプ米政権は3月31日、米国の自動車排ガス規制を緩和する新たな規制基準を発表した。各自動車メーカーが販売したクルマの平均燃費を2021~26年に毎年1・5%改善し、1ガロン当たり40・4マイル(1リットル当たり約17キロ)を達成するよう義務づける。ただ、米カリフォルニア州などがより厳格な独自規制の導入を目指しており、トランプ政権の基準が全米ルールとなるかどうかは不透明だ。

 米環境保護局(EPA)と米道路交通安全局(NHTSA)が31日、新たな規制基準を発表した。オバマ前政権が12年に決定した従来規制では、平均燃費を25年まで毎年約4・7%改善し、1ガロン当たり54・5マイルまで引き上げるよう求めていた。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです