メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自で初 秋田駐屯地の20代隊員が新型コロナ感染 24日まで宮城に滞在

新型コロナウイルスの感染が確認された自衛隊員が勤務していた陸上自衛隊秋田駐屯地=秋田市で2020年3月31日、下河辺果歩撮影

 防衛省陸上幕僚監部などは3月30日夜、陸上自衛隊秋田駐屯地(秋田市)に勤務する20代の男性隊員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で感染者が確認されたのは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(DP号)に乗船していた同市の60代男性を含めて5人目。陸上幕僚監部によると、自衛官の感染例は同13日にフランス出張から帰国した海上自衛隊幹部の40代男性が感染して以来、2人目。陸上自衛隊で初の感染確認だという。【高野裕士】

 陸上幕僚監部によると、男性隊員は1月上旬から3月24日まで陸自多賀城駐屯地(宮城県多賀城市)に、自衛隊車両の運転教習を受けるため滞在。その間は同駐屯地で宿泊し、同25日に秋田駐屯地の車両で秋田市に戻った。同27日に嗅覚と味覚の異常を感じ、同30日に秋田市の帰国者・接触者外来を受診。秋田市保健所でPCR検査(遺伝子検査)を行ったところ、陽性が確認された。発熱やせきなどの症状はないという。男性隊員は…

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1240文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです