メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

屋内禁煙スタート 老舗カフェも苦渋の灰皿撤去、売り上げ減懸念 歓迎の声も

4月1日から全面禁煙になったカフェ。店内には禁煙を知らせる掲示が置かれている=福岡市中央区で2020年4月1日午前9時6分、矢頭智剛撮影

 罰則付きの受動喫煙対策を盛り込んだ改正健康増進法が1日全面施行され、多くの飲食店が店内禁煙に踏み切った。新型コロナウイルスの感染拡大のあおりで客足が鈍る中、飲食店には禁煙による売り上げ減も予想される新年度のスタートとなった。

 改正法の全面施行で、経過措置の対象となる小規模店を除き、飲食店や職場などは原則屋内禁煙となった。

 福岡市中央区の新天町商店街にある老舗カフェ「サン・フカヤ」もこれまで三つあるフロアのうち1フロアで喫煙できたが、1日から全面禁煙とし、煙がくゆるフロアから灰皿が撤去された。経営する舩木治さんによると、新型コロナウイルスの感染が広がった3月は売り上げが3割減ったが、禁煙によってさらに1、2割減るとみている。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  3. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  4. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです