メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸教員いじめ 被害の男性教諭が別の市立小で復職 担任持ち授業も

神戸市立東須磨小学校での教員いじめ問題で、懲戒処分について説明する長田淳・市教育長(右から2人目)ら=神戸市役所で2020年2月28日午後5時34分、春増翔太撮影

 神戸市立東須磨小の教員間いじめ問題で、暴力や暴言の被害を受けて休職していた男性教諭(25)が1日、別の市立小に異動し、復職したことが市教委などへの取材で分かった。新学期が始まった後、学級担任として授業をする準備を進めている。

 男性教諭は2017年4月に新人として着任後、同僚教諭4人からいじめを受け、無理やり激辛カレーを食べさせられたり、…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです