教授のPC操作し機密情報を無断で閲覧 京大iPS研、非常勤職員を解雇

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
京都大の正門前=京都市左京区で、大東祐紀撮影
京都大の正門前=京都市左京区で、大東祐紀撮影

 京都大は31日、無断で教授のパソコンを操作し個人宛ての機密情報が記載されたメールを閲覧したなどとして、iPS細胞研究所非常勤職員の50代女性を懲戒解雇処分にしたと発表した。

 同大によると、女性は同研究所の教授のパソコンを無断で操作し、教授宛ての機密情報のメールを無断で閲覧した。また、教授の机から機密書類を持ち出し、スキャンして返却。部屋の様子がおかしいと感じた教授がビデオカメラを設…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

あわせて読みたい

ニュース特集