メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「金魚電話ボックス」訴訟費返還求め 市民が大和郡山市長を提訴 奈良地裁

撤去前の金魚電話ボックス=奈良県大和郡山市の柳町商店街で2018年3月29日午前10時51分、数野智史撮影

 奈良県大和郡山市の「金魚電話ボックス」を巡る訴訟に関連し、被告の柳町商店街組合が1審で支払った弁護士費用の半分を市が負担したのは地方自治法に違反するとして、市民ら2人が31日、負担した21万6000円を市に返還するよう上田清市長に求める訴訟を奈良地裁に起こした。

 訴状などによると、組合への支出は2019年9月、市議会で認められた。原告側は、「組合は公益事業…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです